HOME>特集>ブラッシングを丁寧にすることが防止に繋がる

どんな症状が知りましょう

歯科用ライト

朝起きた時、口の中がネバネバして気持ちが悪いと感じている人や歯を磨く時に歯菊などから血が出てしまうと言った症状を見せる人は、歯周病にかかっていると言って良いでしょう。またこの病気にかかってしまうと、歯肉が赤く腫れ痛みを感じることにもなって来ます。そんな時には、堺市にある歯科医で診察を受けることが必要です。

歯磨きが大事

歯医者

歯周病は、歯と歯肉の間をブラッシングなどで綺麗に掃除をしないことで起きやすく、細菌と言われる歯垢が溜まってしまうことで起きます。放っておくと歯を支えている歯槽骨と言う土台が溶けてしまい、歯が動くようになり最終的には歯を抜くことになりかねません。大事な歯を守るためには早めに堺市にある歯科医へ行きましょう。

キチンとした指導を受ける

歯科矯正

堺市にある歯科医で行う歯周病治療では、軽い程度の時には歯をクリーンニングすることや歯磨きの適切な指導を行います。症状が進んで来ている時には、歯の表面に付いた歯垢や歯石を取り除くことになります。これがかなり症状が進み重度と判断した時には、歯が自然に抜け落ちることになってしまう可能性が出て来ます。歯石除去や歯垢除去で済むケースがあれば、最悪が抜歯と言うことも考えられます。

定期的に通うこと

治療器具

毎朝、そして食事の後、寝る前など歯を丁寧に磨く習慣がつきつつありますが、自分で行う歯磨きでは完全に綺麗に出来る人は極少数でしかないと言われます。そのためにも歯周病を予防するために、堺市にある歯科医へ定期的に通いメンテナンスを受けることが防止の最良の方法になります。特に歯磨きの方法に不安く持つ人は、近くにある歯科医へ相談されることも安心材料になると思われます。

広告募集中